読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふくろぐの居場所

気ままに  適当  なんとなく の 3拍子

思い出の品の修理

やぁ。

これは僕がまだ中学の頃、近所の山から百日紅をいただいて

削って木刀っぽい物を作って遊んでいました。

ですが高校に入ってまぁ少し飽きましたよね。

その代わり少し彫刻とかやり始めてました。

それでも刀とかのカッコよさは好きでその辺りとかで

話が通じたというか

その人の方がかなり知ってたので自然とよく遊ぶ仲になって

ある日そんな彼が端材あるから彫刻用のナイフ作るよ?

というような感じで

言ってくれたので中学の時の木刀の柄(持つ部分)を渡したら

ナイフを作ってくれました

なのですが今回、友達が僕のために作ってくれたナイフの鞘が・・・

f:id:awsz-oi:20160306152001j:plain

グエーってなってるので

f:id:awsz-oi:20160306151939j:plain

グエー

 

 

 

f:id:awsz-oi:20160306152027j:plain

ホムセンで竹買ってきました

たぶん畑のトンネル作るときとかに使うようなのだろうね

これをつかって

 

 

f:id:awsz-oi:20160306171843j:plain

両淵削って丸みをなくして

鉛筆で型を書いて

f:id:awsz-oi:20160306171900j:plain

掘り出していって(まだ浅いころにとっちゃったな・・・

なんや

かんや

あって

 

f:id:awsz-oi:20160306181410j:plain

できたから

 

f:id:awsz-oi:20160306174741j:plain

はめてみたらむっちゃちょうどよかった

ぶかぶかだったらどうしようかとおもってた

 

え?鞘ながくね?・・・って?

うん。その方が見た目かっこいいとおもったからこうした

後悔はしてない

邪魔だったら切ればいいし

彫刻も家でちょいちょいやるくらいだから

持ち運びしないから

かっこよければいいのだよ

 

じゃ